全国修理対応!クリーニングのみ20,000円以上で返送分の送料無料(北海道、沖縄、離島は送料無料対象外となります)

革の知識 喜色の糸舎 

皮?革?どっちが正解?

皮・・・原皮の状態で、剥いだままの状態をいいます。

革・・・鞣しを行い、靴や鞄が作れるようにした状態を革といいます。

剥いだままだと、臭いがでて腐っていきます。皮が腐らないようにするために、「なめし」を行います。

「なめし」は皮から革に変化させる加工です。

この「なめし」のやり方によって、クロムレザー、タンニンレザー、その間のコンビ鞣しなどと呼ばれる加工を施します。

 

革の鞣しによって、経年の表情が変わります。

クロムレザー・・・経年変化があまりなく、キズやスレは出ますが、使用していても大きな変化は出にくい、安定した鞣し加工です。大量の革を作る事が可能で、タンニン鞣しに比べ価格は安く、流通しやすい革です。ハイブランドもクロムレザーを使用してたりするので、クロムレザーだから微妙とかは、まずないです。クロムレザーの高価な革は沢山あります。

タンニン鞣し・・・いわゆるヌメ革タイプの革です。タンニン鞣しはエイジング(革の変化)が出やすく、味が出て、使い込むほど自身のオリジナル感が出る加工です。イルビゾンテが有名ですね!

鞣しの工程が多く、高価になる場合があります。

動物で変わる素材

牛革

  • カーフ・・・生後6か月以内の仔牛。薄手で柔らかく、きめが細かい美しく上質な革と言われています。
  • キップ ・・・生後6ヵ月〜2年くらいの中牛革。カーフよりも肉厚でキメも細かく高級靴ではキップが使われる事が多いです。
  • ステア・・・生後3~6ヵ月の間に去勢したオスの成牛の革。厚手で銀面(表面)でキップよりキメが粗いですが、肉厚があり鞄にも最適です。

馬革

  • コードバン・・・繊維が緻密な尻部で希少性の高い「コードバン革」が作られます。高級革です。
  • 馬裏・・・ライニング(裏革)に使われる薄い革です。

山羊革

  • 繊維が緻密で、シープレザーより丈夫なゴートレザー。鞄に使われます。

羊革

  • 薄くて柔らかいシープレザー。毛穴が小さくキメが細いのが特徴です。

吟面とは?床面とは?

吟面はギンメンと呼びます。漢字は銀面と使う方もいます。

床面はトコメンと呼びます。

革の表面の起毛していない種類を吟面と呼び、動物の種類や鞣しに関係はありません。革製品で一般的なのは吟付きの革になると思います。

革の表面を無くしたり、革の裏面を床面と呼びます。鞄だと裏地がなく、床面だけの状態の鞄を見たらわかります。

革の表面

  • エナメル革・・・革に光沢を持たせた革。塗料や樹脂を塗り重ねた革を言います。婦人靴で多く使われます。
  • シュリンクレザー・・・シボを付けた凹凸のある革です。
  • 型押し革・・・牛革や羊革をクロコ、ワニ革風にする等、型付けした革。
  • スウェード・・・革の裏面をサンドペーパーでバフ(研磨)し、起毛するように仕上げた革です。
  • ベロア・・・牛革の裏面をバフし、スウェードより毛足を長く仕上げた革です。
  • ヌバック・・・牛革の銀面を軽くバフし、スウェードより肉厚のある革です。レディースのニーハイ等の起毛革はヌバックが多いです。
  • バックスキン・・・様々な諸説がありますが、牛や羊の革、起毛革の総称と言われています。